ボーディングスクールに入学するための試験とは

subpage1

ボーディングスクールに入学することを検討する場合、当然のことながら試験をパスする必要があります。
イギリスの場合にはボーディングスクール独自の試験を受けてもらうという流れになります。

英語と数学が対象になっており、数学も英語で書かれたものを解かなくてはならず、辞書などを使うことができません。そのため、イギリスのボーディングスクールを希望する場合には何年も前から準備をする必要があります。
アメリカやカナダのように書類審査だけで入学をOKするところもある一方、TOEFLなどで英語力を見て、数学や英語の基礎学力をチェックする試験を受けてもらうところも存在します。オーストラリアでは一定の英語力を証明するよう受験者に求めており、AEASと呼ばれる、オーストラリアの中学などに留学する際に課せられる試験を受けさせたり、語学学校に通うよう求めたりするケースもあります。



ほかの諸外国でも同様で、英語力の強化が何より求められます。

高校留学に関する予備知識が満載です。

書類審査だけで行けるところも存在するため、そこに入学してから同時並行で語学力も鍛えていくということも必要ですが、やはり準備が大切です。

NAVERまとめはかなり有益な情報が揃っています。

高い英語力を確保するには1年や2年では不十分で、3年程度の時間が必要とされています。

また、日本で行われているような英語の試験や検定ではなく、全世界で行われているようなもので英語力をチェックする方が確実です。

そして、ボーディングスクールのエージェントなどに確認してもらうのもいい手と言えます。

最新情報

subpage2

アメリカでは、資産家の子供はボーディングスクールに入ることが多いです。ボーディングスクールは、世界中にありますが、海外留学生の受け入れに積極的な学校が多いです。...

next

知っておきたい常識

subpage3

ボーディングスクールとは寮制の学校のことで伝統があり自然に抱かれた広大なキャンパスを持っています。さらに教育と生活の支援態勢がしっかりとしておりアメリカだけではなく世界中の生徒たちが学習や生活を共にしています。...

next

留学をもっと知る

subpage4

欧米には、ボーディングスクールと呼ばれる学校が存在します。ボーディングスクールは、寮のある学校で、広いキャンパスの中で学生や教師、職員などが共同生活を行っています。...

next

みんなの常識

subpage5

ここ数年で、子供には広い世界で活躍してほしいと考える日本人が増えています。子供の教育の理想を実現していると言われているのが、ボーディングスクールです。...

next